東京マンスリー21のテレワーク応援キャンペーン

こんなお悩みをお持ちの方におすすめ!

  • 自宅で仕事をする事になったが、家族、子供も在宅しており仕事の環境が整わない方

  • 自宅でWEBミーティングを行ったが、家族への気遣いなどからミーティングが進まない方

  • 自宅にインターネット環境がなく、カフェやオープンスペースでは、セキュリティの不安や周りの騒音などで仕事に集中できない方

働き方の多様化や、自然災害により会社以外の場所で仕事する人が最近非常に増えています。
特に今回のコロナウィルスの蔓延により、感染予防の措置として
会社内のソーシャルディスタンスの促進や、通勤電車内での感染予防など、
今までの社会生活にはない新しい働き方を探さなければいけない時代になっています。
東京マンスリー21では、都心部の好立地を活かしたフットワークの軽快さと、
分譲仕様に求められた高い品質の都市型単身向けマンションを
テレワーク、サテライトオフィスの利用としてご提案させて頂く事になりました。

東京マンスリー21のマンスリーマンションが
テレワークにおすすめな理由

自宅に自分用の部屋がない人でも
仕事ができる

マンスリーマンションであれば、自宅に自分用の部屋がない人でも仕事ができるというメリットがあります。

自宅によるテレワークでは、「自分用の部屋(集中できる場所がない)がない」
「書斎がなくデスクや椅子が整っていない」「家族や子どもに仕事を妨げられてしまう」「仕事に耐えうるインターネット回線やPC環境がない」
といった問題も生じがちです。

また、情報漏洩の観点からも、様々な方がいるカフェやコワーキングスペース、家族がいる自宅というのはあまり好ましいものではありません。

東京マンスリー21のマンスリーマンションであれば、完全に独立した部屋(プライベート空間)なので他人・家族から干渉を受けず、情報漏洩のリスクを極力抑制することも可能です。また、オンライン会議をする際も、周囲の雑音を気にする必要がありません。

1

良好な通信環境で仕事ができる

自宅の場合、全ての家が良好な通信環境であるとは限りません。自宅では、家族がインターネットを使い出すと通信速度が落ちるという問題も生じます。

東京マンスリー21のマンスリーマンションでは快適にインターネット環境に接続できるよう全部屋でLAN接続及び、Wi-Fi接続を無制限で開放しております。

必要に応じてスキャナープリンター、マイクスピーカー、Webカメラ、デスクライトなどリモート勤務に必要な機材や環境もオプション(※オプションの備品は下記参照)もご用意しております。

2

テレワークをスムーズに行う上で、どのような課題があると感じているのだろうか。
「Wi-Fi など、通信環境の整備」45.1%、「部屋、机、椅子、照明など物理的環境の整備」43.9%などが続き、課題は山積している。
「特に課題は感じていない」は8.4%であり、多くの人が、現状には不都合を感じていることが分かる。

出典:公益財団法人 日本生産性本部「新型コロナウイルスの感染拡大が働く人の意識に及ぼす調査結果レポート」

都心型サテライトオフィス
としての期待

テレワークが浸透し、今後シェアオフィス・サテライトオフィスが増えていくと言われています。

その中で、本社に集まって業務を行う事から取引先(顧客)に近い場所で働いて効率を上げたり、通勤時間の削減をする事で効率化を図るサテライトオフィスの拡充が必要とされています。

  • ・通勤時間の削減・時間の効率化「職住近接」
  • ・コストの削減「支店や支社を設立するよりもはるかに安い予算で開始できる」
  • ・生産性の向上・ワークライフバランスの実現
  • ・育児や介護と仕事の両立の実現

都内主要箇所のロケーションでマンスリーマンションの機能が合致し今後の需要が期待されます。

3

プロジェクトのチーム単位や
各種研修毎に物件・エリアをまとめられる

東京マンスリー21のマンスリーマンションなら、都心部のビジネスエリアを中心に、且つひとつの物件に複数のお部屋を用意しているので、プロジェクトや一時的な案件単位でひとつの物件や近隣エリアに複数のお部屋をご提案する事が可能です。

例えば、多数の人が関わる大きなプロジェクトや新入社員研修・管理職研修、取引先への活動拠点としてなど、期間限定で特定の場所に一時的な居住スペースを確保したい場合などが適しています。

エリアからマンスリーマンションを探す

4

働く側と会社側の
双方にとって管理しやすい環境

会社側は、
「勤怠管理が難しい」「労働実態を把握しにくい」
働く側は、
「誰からも見られていない気の緩み」「時間管理の徹底が難しい」 「会社からちゃんと評価されているか不安になる」
などの弊害や懸念が生じるといったデメリットがあります。

会社側は各自の業務状況が見えづらくなるため、以前よりもマネジメントがしづらい環境になり、労働実態を把握しにくくなります。一方、働く側は自己管理が難しく、管理の目がないことで働き過ぎてしまうという社員もおり、超過労働も生みやすい点も問題となる場合があります。ただ、自宅と会社の中間的な環境であるマンスリーマンションであれば、ON/OFFのメリハリがつけやすく、テレワークでも社員の状況把握漏れや働く側自身の過剰労働を防止しやすくなるはずです。

5

東京マンスリーマンションに関するご相談や、テレワーク応援キャンペーンに関するお問い合わせ等
お気軽にお問い合わせください<English OK>

0120-203-610
平日 9:30-18:30(土日祝 9:30-18:00)

契約の流れ

  • STEP 1お問い合せ

    弊社ホームページから物件指定のお問い合わせをして頂くか、マンスリーマンションを初めてご検討をされるお客様は直接お電話(0120-203-610)でのお問い合わせも可能です。

  • STEP 2物件のご提案

    お客様のご希望にあった物件を弊社の60棟500室超の管理物件の中より空数の物件をセレクトしお見積もりをさせて頂きます。

  • STEP 3お申込み

    弊社のホームページのお申込みフォームよりご契約内容をご入力して頂きます。

  • STEP 4ご契約

    審査完了後ご契約書類を発行させて頂き契約書類へ締結をして頂きます。ご郵送での契約も承れますので、お気軽にご相談ください。

  • STEP 5お支払い

    代金のお支払いは、お振込みもしくは WEB決済が可能です。ご来店の必要がございませんので、お忙しいお客様でもご安心です。

  • STEP 6ご入居

    鍵のお渡しについては、弊社の事務所でのお渡しもしくは、ご郵送でのお渡しになります。

いつから利用できる?
物件探しからご利用の開始まで

弊社のホームページには、沢山の室内写真を掲載させていただいております。賃貸物件を探すときの様に内覧をしなくても物件のご検討が可能です。

お問い合わせから、物件のご検討、入居までは 最短1日、翌日からのご入居が可能です。 ご利用期間も1ヶ月間からの短期の利用が可能なため、お仕事のご都合に合わせてのご利用が可能です。

マンスリーマンションを探す

テレワーク以外にも!
東京マンスリー21のご利用例

  • 自宅で仕事をしなければいけないが環境が整わない。

  • 繁忙期の為時間がなく、勤務先の近くでセカンドハウスが必要になった。

  • 急な転勤で賃貸契約の間までの住まいが必要。

  • 災害発生時の社員の帰宅困難者の一時住まいとして利用。

レンタル商品のご案内

サテライトオフィスとしてご利用いただくため、プリンター、マイクスピーカー、WEBカメラ、デスクライトなどをご希望のお客様にはオプション(有料)にてご用意させていただきます。

画像はイメージです。実際のレンタル商品とは異なる場合がございます。
レンタル商品のご利用料金におきましてはスタッフにお尋ね下さい。

基本設備について

ご入居すぐに快適な生活をして頂けるように東京マンスリー21では家電・家具・食器・調理器具等は標準装備(無料)させて頂いております。詳しい設備はこちら。

東京マンスリーマンションに関するご相談や、テレワーク応援キャンペーンに関するお問い合わせ等
お気軽にお問い合わせください<English OK>

0120-203-610
平日 9:30-18:30(土日祝 9:30-18:00)